FC2ブログ

ブログの方向性って?

今日も天気が良かったので順当に野外撮影のお誘いがw
天気は良かったですが序盤はちょっと風が強くウイッグの乱れに皆苦労してました。
sIMG_3027.jpg

持ってったレンズは35mm,50mmマクロ,100mmマクロの3本、今ならズームで代用が効く焦点距離ですよね
ズームのほうが手ぶれ補正もついてるので有利な場面も多々あるのですが・・・(24-105 F4 IS USMは持ってる)
sIMG_3075.jpg

ズームって性に合わないです。
どうもフィルム時代のズームの画質がトラウマになってるんでしょうね(フィルム時代はFDマウントユーザーでA-1やT-90なんて使ってました。)
sIMG_3041.jpg


その他で私が単玉使っているのは「寄れるから」って理由だけです。
(ズームにもマクロ機能があって寄れたりするんですが長焦点端だったりして広角時はあまり寄れません)
sIMG_3096.jpg

ま、「単焦点レンズで特に困ってないから」ってとこでしょうか
今回も前半は35㎜、後半は100㎜で2本しか使ってませんし
sIMG_3112.jpg

で、「ブログの方向性」の話なんですが、言わずと知れた、私のサイトは「写真ブログ」なわけです。
まあ特に見せる為に書いている訳でもないのですが「ブログ村」とかのポイントはそれなりに気になってます。
sIMG_3125.jpg

問題なのは「更新を頻繁にしないとポイントの下がり方が半端ねぇ」ってとこでしょうか
天気が良くないと野外撮影になんか行かないし、用事があれば更新も滞ります。
sIMG_3130.jpg

思うのは写真が大したことない「うちの子カワイイ」系のブログは大して更新していないのにポイントの落ちが少ないって所
今更、作風なんて変えるつもりもないですが、純粋な「写真ブログ」はそういった点で不利だなと
sIMG_3141.jpg
純粋な写真系ブログの方々は判ってると思いますが、1カット何十枚って撮っていて色んな項目で取捨選択してその1枚を現像にかけているとおもいます。
報われませんねぇ、ってことで

ぽちっとされると嬉しいらしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

EXIF

ドール愛が無い、と言われているハッピーです。
愛はなくとも、ソフトボックスとブームアーム出してきてとりあえず3灯で撮ってます。
sIMG_3004.jpg
EXIFって画像データに付けてますか?
ブログによってはデフォでデータが落ちたりもしますが…
FC2もこの間画像アップのツールで落とす設定がデフォで入っててわしのとこも半年くらい落ちてました。
まあ、テクニックの全てが判るわけではないですが、成程と感じる所もあるので付けてくれると嬉しいな、と


ぽちっとされると嬉しいらしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

今日の野撮

いえ、今日も天気いいなーと思ってたら、案の定誘われた訳でw
sIMG_2855.jpg

sIMG_2901.jpg

sIMG_2919.jpg

sIMG_2930.jpg


ぽちっとされると嬉しいらしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

背景合成考察

まずはTTL制御のストロボの露出制御失敗例
TTL制御はが画面中央寄りの肌色に近い部分を被写体と考えて露出制御しているものと予想
(何せこの辺のロジックは詳細が判らない)
このように引き気味の構図で顔が占める面積が少ないとTTLの精度は劇落ちで
この例だと3枚に1枚は露出過多のショットが発生、寄っても10枚に1枚は露出に失敗します。
だからマニュアルストロボにしたのに雲の出入りによって外光の明るさが変わってかえって調整が面倒という始末


こっからは家庭用TVって背景布の代わりになるか試してみた。
sIMG_2744.jpg

まず背景布の問題点
背景布は布に背景を印刷してあるもので基本的に反射光源であるため背景の露出は被写体とそれほど変わらない
鮮やかな光物や透過光源の鮮やかさは望めない
sIMG_2745.jpg

しかしTVを背景にするにも問題はある
基本的にワイドの横長サイズ
TVだからしょうがないPC用ディスプレイを縦配置するという方法もある
sIMG_2746.jpg

被写体はストロボ照明にすること
被写体は瞬間光にて照らせば背景の露出コントロールはシャッタースピードでコントロールできる
この絵の例だとシャッタースピード1/3秒
sIMG_2747.jpg

シャッタースピードが遅くなるため、三脚は必須
sIMG_2749.jpg

あとメインの光源の照り返しが画面に出ますのでメイン光はグリッド付きのソフトボックスが良いかもしれません
sIMG_2750.jpg

sIMG_2751.jpg

sIMG_2752.jpg

sIMG_2753.jpg

sIMG_2754.jpg

sIMG_2755.jpg

sIMG_2756.jpg

sIMG_2757.jpg

sIMG_2758.jpg


ぽちっとされると嬉しいらしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

水着だワッショーイ

今日あたり、来るんじゃないかと思っていましたが、来ました野外撮影のお誘い!
今回は水着回とのことでうちからは雪ミク持参
sIMG_2542.jpg

相も変わらず、レフ版じゃなくてストロボ持参なわけですがいつものようにTTLでハイスピードシンクロなストロボじゃなくてマニュアルストロボを持参していきました。
sIMG_2553.jpg

いや、TTLのAUTOストロボって被写体がアップの露出はそれなりだけれど被写体が引いた構図だと露出オーバーになりがちになるのでそれなら結局マニュアルのほうが試写回数少なくて済まないってことで
sIMG_2569.jpg

概ねマニュアルストロボでことは足りてたんですよ野外でも1/125秒 F11 ISO100で背景の露出をハイスピードシンクロ範囲外に収めることは出来ますから
sIMG_2574.jpg

1.シンクロスピード範囲内のシャッタースピードで背景の適正露出を決定
2.ストロボの発光量調整
3.試写した結果から被写体と背景の露出バランスが適正か考える
4.被写体の露出を加減する必要があればストロボ発光量を加減、背景の露出量を加減する必要があればISO感度またはF値を変更する(ISO感度またはF値変更はストロボの発光量に影響)

マニュアルストロボの問題点は上記の調整プロセス中に背景の明るさが変わってしまう場合、設定値を再度変えて1からやりなおしなところ
sIMG_2608.jpg
結局、外でのストロボ撮影はハイスピードシンクロでTTL制御が効くストロボが良いのかと考えてみたり


ぽちっとされると嬉しいらしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

プロフィール

ハッピー

Author:ハッピー
ティセから始まったnanoボディの紹介です!
ついにプチジュエル導入です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア


検索フォーム
リンク