FC2ブログ

適正露出って何だろうね?

最近適正露出って何?、って考えさせられることが良くあります。
一般的には被写体に当たっている光量からシャッタースピードと絞り値を決め、白とびや黒潰れが無いようにするわけなんですけどね
(カメラ内蔵の反射式の露出計では被写体の反射率によって適正値が狂います。)

何が言いたいかっていうと
「適正露出は撮影者のイメージの中にしか無い」と思う訳ですよ。

それを外野がやれ白とびが黒潰れがどーとかいうのは野暮ってもんで
例えば昨日のイルミネーションの撮影で適正露出ぽいのがあった訳ですが
IMG_9012.jpg
EOS 5D Mark II ISO100 EF50mm F/1.4 USM マニュアル露出 F2.8 1/10秒
580EX2+430EX2

まぁ、画に描いたようなスローシンクロで適正露出なわけですが・・・
何つーか「ツマンネー写真」ですよね

最近ストロボは時間が有る場合はマニュアル調光なんですが意外といつもよりオーバー目やアンダー目のカットの中に「おおっ」と感じるカットが有ったりして「TTL調光の弊害」を感じたりしています。
TTLだとスピーディーにそつの無い仕上がりが期待出来るのですが、逆に意外性の有る写真を撮りづらい訳で・・・

ぽちっとされると嬉しいらしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

ええ!

ハッピーさんの言わんとしている事はわかりますが
お張りになられた写真。いい写真じゃないですか~!ベル様うつくしいですよん
しいていえばこの写真露出云々というより背景の光源の色ともっと親和性ある色だと溶け込んでよいかもしれませんね。具体的にいえばホワイトバランスを少しブルーよりにするとよいかも!

RE:ええ!

>かみさん
コメントありがとうございます。
色温度もしかりで「正しい白が出れば良いってもんでも無い」んですよね
ライティングの光質、方向や距離による陰影のつけ方など正解がない世界なんですよね
大体「写真」っていう言葉自体が私はあまり好きでは無くて
「光画」(究極超人あーるを思い出しますがw)の方がフォトグラフの訳としては好ましい気がします。
真実なんか写らなくて撮影者の意思が結構反映するような気がします。
ちょっと脱線しましたがそんな感じです。
プロフィール

ハッピー

Author:ハッピー
ティセから始まったnanoボディの紹介です!
ついにプチジュエル導入です。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア


検索フォーム
リンク