FC2ブログ

ストロボの色温度を外光と揃える

ストロボの色温度を外光と揃える
何故こんなことをしなければならないのでしょう?
それはストロボの世界は発光量は正義とばかりに光量を競い合う世界で色温度が置き去りにされたからです。
デジカメの解像度マンセーでダイナミックレンジや諧調が置き去りにされている状況と似ていて、カタログスペック重視の世界になっちゃっているんです。
これはエンドユーザーの私達にも責任の一端はあると考えるべきでしょう

通常WB的には快晴の日光で約5,200ケルビンと言われています。
それに比べてクリップオンストロボは大体6,500から7,000ケルビン位でしょうか?
これは結構青白い光でストロボ光のみで撮影している場合はWBを調整すれば良いのですが外光とのミックス光になっている状態では色温度のバランスが崩れたまま調整してしまうことになるのです。
よく写真雑誌の日中シンクロ例が違和感有りまくりなのは、デフューズしていないのも有るのですが色温度を合わせていないことも原因だったりします。

厳密なことを言えばWBの調整はLBB(ブルー系フィルタで色温度+)とLBA(アンバー系フィルターで色温度-)の他にマゼンタ被りの光をニュートラルに戻すグリーン系フィルターとグリーン被りの光をニュートラルに戻すマゼンタ系フィルタを加えてやる必要が有りますが、ストロボ光は色温度こそ高いのですがグリーン被りやマゼンタ被りしているモノは殆ど聞かないので色温度を変換して外光と揃えてやるだけで良いと思います。

色温度を揃えると聞くと結構難しいように感じますが、実際はアンバー系フィルタをストロボの発光部に付けてやって試写してみて色味からフィルタを増減してやるというものです。

コレは、ウチで使っているフィルターで約2年前に買ったものです。
sIMG_4567.jpg

良く使う色が5枚入っていて当時から便利に使っていたのですが4,000円近くするのでチョット勧めづらいなぁと思っていました。
sIMG_4569.jpg

Rosco(ロスコ) Strobist / フラッシュ カラーフィルター
この製品は値段が高いのもさることながら、ストロボの発光部への固定方法も自分で何とかしないとダメというもので勧めるのはチョットという製品です。

でアマゾンを見ていたら最近は良い製品が安く出ているみたいで、2点ほど紹介したいと思います。
Godox CF-07 35pcs ユニバーサル スピードライト カラーフィルター キット
51WhDiirdeL__SL1000_.jpg
61hzOApCWyL__SL1000_.jpg


NEEWER® 20枚入り フラッシュ/ストロボ用カラーフィルター ユニバーサル
61SShd5ejNL__SL1001_.jpg
61vQPAxrJoL__SL1001_.jpg
最近は安くて良いモノが多く出てきてるなぁ・・・

ぽちっとされると嬉しいらしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

意外と安い

カラーフィルターって結構なお値段するものだと思っていましたが、
amazon覗いて見たら、ビックリな感じで安いみたいで∑(゜ω゜)
色々入っていて1500円程度で買えてしまうんですねぇ。
これくらいの値段だったら、これはちょっと試してみようかなって感じになります。

Godoxのソフトボックスもブラケット付きで結構安いんですねぇ。
金欠で今は手だせませんが余裕出てきたら揃えて色々試してみたいですね(*´ω`)

RE:意外と安い

>雪紅葉さん
コメントありがとうございます。

カラーフィルターは富士のLBAとかLBBのようなゼラチンフィルターは確かにいい値段しますね
それは、あちらは撮影レンズに付けるもので精度が桁違いなんです。
あっちは75mm角で2-3千円しちゃいますが、私が買ったのは照明用フィルタのサンプルという位置付けなんです。
それがたまたまストロボ光源の補正用に使えるってことで良く使う種類を多めにパッケージした製品なんですね

2年前はそういった製品も殆どなく(クリップオンストロボを色補正しているユーザーがそもそも少なかった。)
これぐらいしか製品が無かったのですが、今ではクリップオンストロボに付けるライティング用アクセサリ
(フィルターやソフトボックス)も種類が増えてきていてクリップオンストロボを取り巻く環境も随分変わってきてるなって感じです。

最近はNEEWERやGodoxなんかの製品が安くて品質も悪くないですね
中華製と言われる製品でも昔の「安かろう悪かろう」の製品は無くなって来ていてYongNuo の製品なんかはある意味純正品を超えているのでかなり信頼が出来るようになりました。
プロフィール

ハッピー

Author:ハッピー
ティセから始まったnanoボディの紹介です!
ついにプチジュエル導入です。

アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア


検索フォーム
リンク