FC2ブログ

自分の焦点距離

突然ですが、皆さん得意な焦点距離は何mmですか?

って、ズーム全盛な時代に何いってんだって感じですが・・・

そもそも35mm換算で何mm位とか意識してますか?

被写体が映り込む範囲は同じでも焦点距離によってパースの付き方って違いますよね
良く言えば「パース」だけど悪く言えば「歪み」なわけで、私は立体感を表現するためにはある程度は必要だと思うのですよ

私にとって「立体感」と「歪み感」のバランスが丁度良いのが35mm辺りなんですよね
sIMG_4552.jpg
と、いう訳で35mmはというとEF35mmF2.0を良く使ってた訳ですが・・・
コレ安い割に抜けが良い画を出すのでかなりお気に入りなのですが(軽いのでハンドリングも軽快です。)
絞り羽5枚兄弟の一員なので光点ボケがかっこ悪いんですよね
取りえず気に入らないのはそれくらいですね
IMG_7537.jpg
で、新た買ったレンズがYN35mmF2.0(ebeyで買ったのでまだ来てないんですけどね)
これも絞り羽が7枚になっていて弱点が克服されています。
なんでか安レンズばっかり買ってるかっていえば・・・・
高価なレンズってしょっぱい画を出すとヘタクソ呼ばわりされるじゃないですか
逆に安レンズで良い画をあげればいい腕してるってことになりやすいんですよね
133419_mini_yn35.jpg
私が300mmF2.8とかをあまり使わない理由もそのへんにあったり・・・
ま、単純に重いレンズ辛いってのも有るんですが


ぽちっとされると嬉しいらしいです。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

重いのは苦手

328は重いし荷物がかさばるから移動が大変ですよね。
私も昔は70-200や100-400なんてものでドール撮っていましたが
最近は24-105しかバックに入れてません。あとズームは便利ですが
あまり楽しちゃうと同じような写真ばかり量産してしまうのでたまには
単玉つかって練習しないといけないかも・・・。
ちなみに得意な焦点距離は無いです(^^;

No title

いつも素晴らしい写真に感動してます・・・・
いつか、こんな写真とりたいなーとおもってますが、絶対無理ですね(^_^;)

私はニコンなので、ご紹介のレンズいいなーと思っても合わないのですよね
いつも使ってるのは、単焦点の35mmF1.8のニコン純正です
ダメダメな写真ばかりで、めげそうです(苦笑)

これからも楽しみにしてます、時々等身大の撮影も見せてくださいね♪

RE:重いのは苦手

>かみさん
コメントありがとうございます。

1/3ドールとかだとせいぜい135mm位までで良い気がしますね、等身大じゃないと200mm以上って使ったこと無いです。
24-105Lとかも広角時にもっと寄れると良いんですが・・・
やっぱ広角はグッと寄りたいですよね、私の単玉信仰の1つには最短撮影距離ってのもあるかもしれません

EF35mmF2.0IS USMは勿論良いレンズなのですが、大きさ、重さを考えると「使い易さ」は退化している気がします。
EF50mmF1.8STMと同じ路線の方が使い易かったと思うのですが・・・

必ずしも光学性能が良いレンズが良い作品を生む訳では無いんじゃないかなぁ、と思うんですよ

No title

>モルさん
コメントありがとうございます。

モルさんはニコンユーザーなのですね!
いえ、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gは非常に良いレンズですよ、このレンズが2万円代で買えるなんてニコンユーザーは感謝すべきです。

私の写真を素晴らしいと感じてくださるなら、多分ライティングには人一倍気を使っていますのでその辺かもしれませんね

写真は光の演出が重要です。
例えば、最近モルさん庭で等身大ドール撮ってるじゃないですか
植物が背景になるような場合、基本的に逆光で植物の透過光を狙います。
背景に映り込む景色との兼ね合いもあるのでそのパターンで行けるとは限りませんが

逆光にするのは意識的に顔面への直射日光を防ぐってのもあります。
直射日光は背景に当たるのはコントラストが高いさわやかなイメージの背景になるので良いのですが被写体の顔面等に当たると不要な陰影が出来てしまいます。
ですので逆光位置で光が当たらないようにするか直射日光が当たる位置なら日差しを何かで防ぎます。

そのままだと顔面が暗くなりますし晴天時だと晴天の放射光で青白い感じになっちゃいますので、レフ板もしくはソフトボックスに入れたハイスピードシンクロが使えるストロボをナナメ上前から陰影を意識して当てます。
レフ板はスタンドに立てる工夫を考えないとダメだしストロボはフィルターで色温度を調整しないとダメかもしれません、外でも被写体には窓際のカーテン越の光と同様の光質の光を当てるように気をつけて実践できれば野外撮影でのクオリティは数段上がると思います。
プロフィール

ハッピー

Author:ハッピー
ティセから始まったnanoボディの紹介です!
ついにプチジュエル導入です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア


検索フォーム
リンク